駆動系整備

走行距離も2.1万Kmを超えたので、ベルト、WR、ダンパ(スライドピース)を交換する事に。
画像


さくっとバラします。
画像

ケースの中は意外と綺麗でした。
画像

まずは、プーリーの確認です。
画像
ベルトのカスか何かは判りませんが、それなりに汚れています。
WRはドクタープーリーの異形です。
画像

減り具合は
画像
画像
まだまだ使えそうなレベルです。
が・・新品があるので交換します。
画像
画像

今回はモリブデングリスの代わりにこれ↓を使います。
画像
汚れが減ると期待します。結果は2万Km後ですが。。

次はダンパを交換します。見た目は替える必要なさそうですが、
画像

新品が手元にあるので
画像

画像

ランプレートに嵌めてみると、カチっと固めでした。転ばぬ先の杖と言う事で・・
画像

ベルトはと言うと、
画像

マニュアルの限度値を超えてました。
画像

新品はと言うと、
画像
元々、標準値より細いです。
こうなると、何が正しいやら・・・・現物を比較してみると
画像
内側の減りで判断した方が良さそうです。経験的には、まだ使えると思われますが、次回整備予定の2万Km後までは、もたないでしょうから交換です。
クラッチも問題無さそうです。
画像
画像

トルクカムの偏摩耗を確認するのに
画像
画像
センターナットを緩めてクラッチと分離します。
トルクカムの偏摩耗はありませんでした。
画像

グリスアップして元に戻します。
画像
事前にマジックでマークした所までセンターナットを締めこんで完了。
ついでなのでギアオイルも交換します。
画像
元々の色なのか不明ですが、汚れていました。
マニュアルに従いヤマハのギアオイルを規定量注入して終了です。
画像


一通り整備が済んだので、後は元に戻して終了です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック